日本人対決は“元気すぎる”原口に軍配! 絶好調のケルン大迫は無念の負傷交代……

ケルンの無敗記録がストップ

ケルンの無敗記録がストップ

ブンデスリーガの舞台で躍動する原口 photo/Getty Images

ブンデスリーガ第8節が22日に開催され、MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとFW大迫勇也が所属するケルンが対戦。原口、大迫は共にスターティングメンバーに名を連ねた。

7試合を消化して4位につけるヘルタが、開幕から7戦無敗で2位と好調のケルンを迎えての一戦。今季は印象的なパフォーマンスを披露している2人の“日本人対決”にも注目が集まったが、まずは6分、ピッチ中央でボールを持った大迫が右サイドに展開にすると、リターンパスからダイレクトシュート。惜しくも枠を捉えることはできなかったが、好調ケルンの攻撃を牽引する。

しかし、その3分後、今度は原口が魅せる。左サイドでパスを受けた原口はキレのあるドリブルで相手選手を抜き去り、ゴール前に速いボールを供給。FWイビシェヴィッチのシュートはケルンGKホルンのスーパーセーブに阻まれたが、原口も大迫に負けじとチャンスを演出する。また、ヘルタは13分に先制点にゲット。右サイドの崩しから最後はイビシェヴィッチがネットを揺らした。

その後も原口は15分にミドルシュートを放つと、17分にはトリッキーなドリブルを披露するなど輝きを放ったが、大迫は43分にアクシデント。背後からの浮き球を巧みに収めた大迫は左サイドに展開するも、パスを出した後に飛び込んできた相手選手と接触し、ピッチに倒れ込んでしまう。その後、一度は立ち上がり前半終了までプレイしたが、後半開始からはベンチへと下がっている。

大迫を欠いたケルンは後半、65分にFWモデストがシーズン8得点目を記録して一度は同点に追いつくが、74分にセットプレイから失点。試合終盤には決定機を作り出すも得点を奪うことができず、開幕からの無敗記録は“7”で止まった。また原口はフル出場でヘルタの勝利に貢献。後半も“キレキレ”のパフォーマンスで最後まで存在感を放った。

[メンバー]
ヘルタ・ベルリン:ヤースティン、ヴァイザー、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハルト、シェルブレット、シュタルク、エスバイン(→シーバー 68)、カルー(→アラン 83)、原口元気、イビシェヴィッチ(→アラギ 90)

ケルン:ホルン、セーレンセン、ハインツ(→ルドニェフス 79)、マフライ、ヘクター、リッセ、ヘーガー、レーマン、ラウシュ(→ツォラー 68)、大迫勇也(→ビッテンコート 46)、モデスト

[スコア]
ヘルタ・ベルリン 2-1 ケルン

[得点者]
ヘルタ・ベルリン:イビシェヴィッチ(13)、シュタルク(74)
ケルン:モデスト(65)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ