「バッカはイグアイン級、クアドラードは……」 アスプリージャ氏の母国選手の評価が高すぎる?

セリエAの強豪2クラブに所属する両名に期待

セリエAの強豪2クラブに所属する両名に期待

アスプリージャ氏が高く評価するバッカ photo/Getty Images

22日におこなわれるミランとユヴェントスの一戦は、コロンビア代表サポーターにとっても注目の一戦なのかもしれない。ミランにはコロンビア代表FWカルロス・バッカが所属しており、ユヴェントスにもFWファン・クアドラードがいる。

その一戦を前に、元コロンビア代表FWファウスティーノ・アスプリージャ氏が2人についてコメント。同じコロンビアの選手ということもあってか、バッカとクアドラードを非常に高く評価している。伊『Tuttomercato』が伝えている。

「ユヴェントスは優勝候補だが、思い切って予想をするならミランが3-2で勝つと思う。バッカはイグアインと同じレベルにあるよ。実際、いくつかの点においてはバッカの方が優れていると私は思っている。クアドラードはセリエA最高のドリブラーで、世界最高のドリブラーにもなれるはずだ。彼はすでにロッベンと同じレベルにあるよ。もっと大きく成長できるはずだ」

確かにバッカはイグアインと同程度の実力を持ったストライカーだが、クアドラードがロッベン級かは評価が分かれるところかもしれない。アスプリージャ氏はバッカとクアドラードに大きな期待をかけているようだが、コロンビア代表選手が今回の試合を左右するキーマンとなるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ