ヘルタ原口、絶好調! 2試合連続のマン・オブ・ザ・マッチ クラブ史上初の開幕2連勝に貢献

今季、日本人MOM第1号

今季、日本人MOM第1号

代表ウィーク明けでも結果を残した原口 photo/Getty Images

日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは10日、ブンデスリーガ第2節でインゴルシュタットと対戦し2-0で勝利した。左サイドハーフの位置で先発出場した原口は8分、イビシェビッチの先制点をスルーパスでアシスト。86分にも高精度のクロスからシーバーのゴールをアシストし、2得点を演出した。

この活躍ぶりから原口はヘルタ・ベルリンのクラブ史上初となる開幕2連勝に貢献し、ブンデスリーガの公式サイトが発表したマン・オブ・ザ・マッチに選出された。今季、ブンデスリーガでプレイする日本人選手のマン・オブ・ザ・マッチ第1号となった。原口は試合後、自身のTwitterで「連勝。これを継続して、次はゴールを求めていきたい」と綴っている。

パル・ダルダイ監督も「フライブルク戦ではゴールに絡み、チームで最高の選手だった。我々にとって非常に重要な選手」だと信頼を寄せる。ヘルタ・ベルリンは次節、18日にホームでシャルケと対戦する予定となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ