ライバル加入をなぜ悲観的に捉える? レスター岡崎「尚更試合に出たいと思うし、成長させてくれる」

ムサの加入を歓迎!

ムサの加入を歓迎!

ライバルの加入について綴った岡崎 photo/Getty Images

プレミアリーグ王者のレスターは8日、CSKAモスクワからナイジェリア代表FWアーメド・ムサを獲得したことを発表。これにより、日本代表FW岡崎慎司とムサは、来季スタメンの座を争うライバルとなった。しかし、岡崎はこれをポジティブに捉えているようだ。

岡崎は9日に自身のTwitterを更新し、ライバルの加入について次のように綴った。

「チームが自分と同じポジションを補強した時、周りは凄くネガティブに捉えている気がする。僕は、凄い選手とやれる事が本当に楽しい。チームが強くなれば、尚更そこで試合に出たいと強く思う。この気持ちが自分を成長させてくれる」

昨季より多くの試合数をこなさなければならないレスターにとって、選手層のアップを図るのは必須事項。このようなことはよくあることだが、ライバルの加入をプラスに考えられるか否かで、選手の今後が決まってくるかもしれない。岡崎には、ぜひとも来季のスタメンを勝ち取ってもらいたいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ