UCLは制覇できなくても…… ペップへの批判に反論するミュラー「僕らがどれだけ進歩したかに目を向けていない」

批判する識者もいるが

批判する識者もいるが

ペップを支持したミュラー photo/Getty Images

バイエルンのトーマス・ミュラーがジョゼップ・グアルディオラ監督への批判に反論している。

ジョゼップ・グアルディオラ監督のバイエルンでの監督キャリアも残すところ1試合となっている。欧州制覇及び3冠を期待されて招へいされただけに、3年間でチャンピオンズリーグ優勝どころか決勝に一度も進めなかったペップ・バイエルンは批判にさらされた。それについてミュラーは独『tz』でコメントしている。

「ペップがチャンピオンズリーグを獲得できなかったからといって批判する人々は全くもって未熟だし、軽率だよ。そういう人たちは僕らが3年間でどれだけ進歩したかということに目を向けていないんだ」

識者たちから非難の声もあがるペップだが、選手たちからは大方支持されている。ミュラーは重要な試合でスタメンを外された経験もあるだけに、このようなコメントをするのは意外にも思えるが、それほどペップを慕っていたということだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ