CBが欲しいリヴァプール、狙うはSBもこなすウルグアイ代表イケメンディフェンダー?

CBの補強が急務のリヴァプール

CBの補強が急務のリヴァプール

ユヴェントスでプレイするカセレス photo/Getty Images

ユルゲン・クロップが率いるリヴァプールは、ユヴェントスに所属するウルグアイ代表DFマルティン・カセレスの獲得を目指しているという。

英紙『デイリー・ミラー』によるとDFデヤン・ロブレンとDFマルティン・シュクルテルが、負傷により戦列を離れているリヴァプールは、この冬の移籍市場でセンターバックの獲得が急務だと伝えている。

現在28歳のマルティン・カセレスは、2006-07シーズンに母国のデフェンソールでトップチームデビューを果たすと、翌シーズンにはビジャレアルに移籍して欧州へ挑戦。その後バルセロナ、セビージャ、ユヴェントスとビッグクラブを渡り歩いている。本職はセンターバックだがサイドバックをこなすユーティリティ性を持ち、イケメン選手として注目も集める。

今シーズンは故障も響いてスタメン出場はわずか3試合に留まっており、バックアッパーとしても起用される機会も減らしつつある。同選手にはインテルやミランなども関心を示しているという。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ