マンCからオファーを受けていたと語るテリー「クラブが断ってくれた」

2009年にオファーを受けたと明かす

2009年にオファーを受けたと明かす

チェルシーで長年プレイしてきたテリー photo/Getty Images

チェルシー主将のDFジョン・テリーは、過去にマンチェスター・シティからオファーを受けていたようだ。

英紙『デイリー・メール』によると、テリーは2009年にオファーを受けたものの、チェルシー側がそれを受け入れなかったと語っている。

「マンCは2009年に僕へオファーを出してきたよ。クラブがそれを断ったけどね。オーナーのアブラモビッチともこれについて話をしたけど、彼は僕を放出する時は不要になった時だけだと言っていたよ。そうなった時は出て行くしかないけど、クラブは断ってくれたからね」

当時のテリーは28歳で、マンCは2900万ポンドを提示していた。マンCはプレミアリーグの選手を中心に大型補強を展開しており、サミル・ナスリら実力者を揃えていた。テリーも放出を考慮してもいい年齢だったが、チェルシー側はオファーを受け付けなかった。今でこそ衰えを感じるようになったが、昨季はチームの優勝に大きく貢献し、放出しなくて正解だった。

マンCにテリーが入っていればかなり面白いチームになっていたはずだが、やはり青の魂が薄まることは許されない。テリーは今後もチェルシーのレジェンドとして君臨するだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ