リヴァプールに新たなユニット誕生!? スアレスとスタリッジに代わるLFCに期待集まる

クロップに合うハードワークできるユニットが完成

クロップに合うハードワークできるユニットが完成

マンC戦でシュートを放つフィルミーノ photo/Getty Images

2013-14シーズンにプレミアリーグ得点王を獲得したルイス・スアレスがバルセロナに移籍して以降、リヴァプールの攻撃には迫力がなくなってしまった。スアレスとダニエル・スタリッジのコンビはS&Sと呼ばれていたが、今はスタリッジも負傷離脱が多く、戦力として計算しにくい。ラヒーム・スターリングもマンチェスター・シティに移籍し、リヴァプールには新たな攻撃ユニットが求められていた。

そこで期待されているのがアダム・ララーナ、ロベルト・フィルミーノ、フェリペ・コウチーニョの3人だ。コウチーニョは昨季から攻撃を引っ張る存在となり、チェルシーとマンチェスター・シティの難敵撃破に大きく貢献した。ララーナはテクニックとハードワークが持ち味で、その運動量はクロップからも信頼されている。フィルミーノは前任のブレンダン・ロジャースの下ではあまり出場機会が回ってこなかったが、クロップは積極的に起用している。

英紙『メトロ』によると、この3人はサポーターからLFCと呼ばれ始めている。ララーナのL、フィルミーノのF、コウチーニョのCから取られた名前で、リヴァプールFCの略と同じだ。サポーターはクラブネームを背負う3人が新たな攻撃ユニットになることを期待している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ