バーディは得点王になれるか!? 過去5シーズンの得点王と比較

11試合終了時点で得点ランクトップ

11試合終了時点で得点ランクトップ

得点ランクトップに立つバーディ photo/Getty Images

11試合で11ゴールと得点を量産しているレスター・シティFWジェイミー・バーディ。今までは単なるサプライズと捉えられていたが、このままリーグ得点王に輝くのではないかとの意見も出てきた。英紙『デイリー・ミラー』は過去5シーズンの11月3日時点での得点ランキングを紹介し、バーディが得点王になる可能性を探っている。

昨季得点王となったマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロは、11月3日時点で10ゴールを挙げていた。何かと負傷の多いアグエロだが、序盤戦から得点王となるにふさわしい数字を残していたのだ。

その他にも2011-12シーズンには元マンチェスター・ユナイテッドのファン・ペルシーが10ゴール、2012-13シーズンもファン・ペルシーが7ゴールを挙げ、この時期に得点ランク首位に立っていた。この2シーズンはそのままファン・ペルシーが得点王を獲得し、こちらも順当な流れとなっている。

しかし、例外のシーズンも存在する。2013-14シーズンにはリヴァプールFWダニエル・スタリッジとアグエロが8ゴールで並んでいたが、最終的に得点王を獲得したのはリヴァプールのルイス・スアレスだった。2010-11シーズンも元マンCのカルロス・テベス、元チェルシーのフローラン・マルーダ、元ニューカッスルのケヴィン・ノーランが7ゴールでトップだったが、最終的に得点王となったのはテベスと元マンUのディミタール・ベルバトフだった。

同メディアもバーディの得点王に期待をかけているが、過去にも後半戦から得点ペースを上げてくる伏兵がいたのだ。過去5シーズンの同時期と比較するとバーディは最多の11ゴールを挙げているが、まだまだ油断はできない。

果たしてバーディはこのままペースを落とさずに走り切れるのか。11試合終了時点でのペースはパーフェクトだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ