インテルがメッシ獲りに本気だったと明かすバルサ元会長「不可能だと答えた」

スター選手の放出は避けられないとも

スター選手の放出は避けられないとも

18歳のメッシ。当時からその才能は際立っていた photo/Getty Images

インテルは過去にバルセロナFWリオネル・メッシ獲りに本気になっていたようだ。

伊『コリエレ・デロ・スポルト』によると、元インテル会長のマッシモ・モラッティ氏はメッシを本気で獲得しようとアプローチを行ったものの、当時バルサの会長を務めていたジョアン・ラポルタ氏から素っ気ない返事を受けたという。当時のことについてラポルタ氏は次のように述べている。

「私が会長を務めていた時、メッシに対する他クラブからのオファーをたくさん受け取った。インテルのモラッティ会長は契約解除金を支払うつもりだったが、私は常に不可能だと答えていたんだ。私が会長を務めていれば、メッシの退団はあり得ない。メッシは我々にとってのシンボルだからね」

しかし、ラポルタ氏はバルサの経済状況があまり良くないとも答えており、スター選手の放出も考えられると述べている。

「今のバルサは経済面で問題を抱えている。クラブは資金を調達するためにスター選手を放出することも考えないといけない」

果たしてバルサから放出される選手とは誰なのか。メッシではないようだが、MSNが解消される可能性も出てきた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ