無類の勝負強さを誇るミュラーが無得点で終わったEUROを振り返る「全く役に立てなかった」

残念な結果に

残念な結果に

無得点に終わってしまったミュラー photo/Getty Images

ドイツ代表FWトーマス・ミュラーはEUROでの自身の出来には当然満足していないようだ。

EURO2016でドイツ敗退の大きな要因となったのが決定力不足だ。なかなかセンターフォワードが定まらず、ようやくマリオ・ゴメスという最適解を得たものの、怪我により敗れたフランス戦には欠場。その試合で最前線に据えられたのがミュラーであったが、低調なパフォーマンスでチームに貢献することはできなかった。今もこの試合には悔いが残っているようだ。独『Sport Bild』がコメントを伝えた。

「僕は動き回りすぎたんだ。ストライカーとしての立場を受け入れ、20分ボールに触れなくても中央で待っているべきだったよ。あの試合で僕は全く役に立てていなかったし、チームを助けられなかった」

元来典型的なFWタイプではないミュラーを最前線に据えなければならなかったメンバー選考のほうにやや問題があるように思える。それでもミュラーはあの試合での自分を許せなかったのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ