「パワフルな突破」が持ち味 最小得点の京都、元U-20ブラジル代表FW獲得で後半戦巻き返しへ

京都へ加入することが決まったエリアス photo/Getty Images

「チームメイトを助けたい」

京都サンガF.C.は24日、クルゼイロECからブラジル人FWラファエル・エリアスが期限付き移籍で加入することが決まったと発表した。なお、メディカルチェックを経て正式契約を結ぶ予定とのことで、移籍期間は2024年12月31日までとなっている。背番号は「99」だ。

現在25歳のエリアスは、U-20ブラジル代表経験もあるレフティ。これまでブラジルのパルメイラスやアトレティコ・ミネイロ、ゴイアスなどに所属し、昨年はUAEのバニーヤースでもプレイしていた。そして、昨夏からは戦いの舞台を再び母国へ戻し、クルゼイロECへ加入。今季はここまで公式戦17試合に出場し、4ゴールを決めていた。

そんなエリアスは、京都の公式サイトを通じて次のようなコメントを残している。
「京都サンガF.C.のユニフォームを着られるこの機会にワクワクし、とても嬉しく思います。少しでも早くチームに適応し、今シーズンの目標を達成するため、チームメイトを助けたいと思います。京都サポーターのみなさんには、クラブのユニフォームへの名誉と共に、意志、献身、ゴールを約束します!」

また、京都はエリアスについて「パワフルな突破を持ち味とするブラジル人ストライカー。左足でのパンチのあるシュートも武器」と紹介。今季ここまでJ1最小得点(15ゴール)となってしまっていることもあり、彼にかかる期待は大きいだろう。

エリアスは、前半戦終了時点で降格圏内の19位に沈む京都を救うことができるのか。京都はこの新戦力とともに後半戦での巻き返しを狙う。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ