マンUのブルーノが絶賛「守田とヒュルマンドが好き。スポルティングに欠かせない2人」 注目集める中盤コンビの実力

スポルティングの中盤を支えるヒュルマンドと守田 photo/Getty Images

ヒュルマンドは今夏のEUROでも注目集まる

スポルティングCPは今季のポルトガル1部リーグを制したが、その中でクラブOBでもある現マンチェスター・ユナイテッドMFブルーノ・フェルナンデスが絶賛する中盤コンビがいる。

スポルティングCPを中盤から支える日本代表MF守田英正とデンマーク代表MFモルテン・ヒュルマンドの2人だ。

英『Manchester Evening News』によると、ブルーノは2人のパフォーマンスレベルを絶賛している。
「中盤の2人、守田とヒュルマンドが好きだ。彼らはスポルティングの試合に欠かせない2人だよ。特にボールを多く保持した状態で戦うシチュエーションではね」

ブルーノは今も古巣スポルティングCPの戦いをチェックしているようで、国内カップのタッサ・デ・ポルトガル準決勝でベンフィカを撃破した際にもブルーノは守田のことを称えていた。

その中で同メディアがスポットを当てたのはヒュルマンドだ。EURO2024の開幕が近づいていることもあるが、24歳のヒュルマンドは昨年にデンマーク代表デビュー。今回のEUROを戦うメンバーにも入っていて、8日に行われたノルウェーとの親善試合にもボランチの一角として先発している。

同メディアはヒュルマンドにプレミアリーグ移籍の可能性があると取り上げており、デンマーク代表でチームメイトのマンチェスター・ユナイテッドMFクリスティアン・エリクセンからも色々と助言を受けているとか。

今回のEUROでも結果を残せれば5大リーグ移籍の可能性は高まりそうで、市場価値が4000万ユーロまで上がっているヒュルマンドへの関心は強まっている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ