大ブレイク中のパルマーが称賛するのは今季 “32分”の出場時間に留まったMF 「彼がプレイするようになれば誰もが『ああ、彼は本当にいい選手だ』と思うだろう」

今シーズンは悔しい結果に終わったラヴィア photo/Getty Images

怪我に悩まされる1年に

チェルシーでプレイするイングランド代表MFコール・パルマーはチームメイトのMFロメオ・ラヴィアを絶賛した。

昨夏にサウサンプトンから5800万ポンドもの移籍金でチェルシーに加入したラヴィア。この20歳のMFには大きな期待が寄せられたが、怪我に悩まされるシーズンを送り、チェルシー1年目はわずか32分の出場に留まった。

一方のパルマーは昨夏にマンチェスター・シティから4250万ポンドでチェルシーに加入。すぐさまチームの中心となったパルマーは公式戦45試合に出場し25ゴール15アシストをマークした。プレミアリーグ最優秀若手選手賞も受賞し、瞬く間にクラブのスター選手へと成長を遂げた。
チェルシーの新エースとなったパルマーは英『SPORTbible』にて、「これまで一緒にプレイしたことのある素晴らしい選手の1人がロメオ・ラヴィアだ」と語り、称賛した。さらに続けて、「今シーズンは1年間怪我をしていたため、彼の姿を見ることができなかったが、彼がプレイするようになれば誰もが『ああ、彼は本当にいい選手だ』と思うだろうね」と語り、来シーズンのラヴィアへの期待感を言葉にした。

今シーズンは怪我による稼働率の低さで批判を受けることもあったラヴィアだが、エンツォ・マレスカ新監督が就任秒読みのチェルシーで来シーズンこそ輝きを放つことができるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ