アーセナルは“インビンシブルズ超え”史上最多「27」勝利を記録! しかしそれでも優勝決まらぬプレミアリーグという魔境

決勝点を挙げたトロサール(右) photo/Getty Images

この成績なら優勝が決まってもおかしくないが

アーセナルはプレミアリーグ第37節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。20分のレアンドロ・トロサールのゴールを守りきり、1-0で勝利した。これにより1試合消化の少ないマンチェスター・シティを暫定で上回り、優勝争いは最終節までもつれ込むことになった。

アーセナルはユナイテッド戦の勝利で、27勝5分5敗の勝点「86」となった。クラブが公式に発表しているが、アーセナル130年の歴史のなかでリーグ戦で27勝を挙げたのは初めてのこと。03-04シーズンに伝説的な無敗優勝を遂げたかの“インビンシブルズ”ですら26勝であり、単純な勝ち数では20年前の伝説のチームを上回ったことになる。

また、今季はいわゆる「BIG6」相手に負けがなかった。チームは確実に成長を続けており、この成績であればすでに優勝を決めていてもおかしくない。しかし、シティという超常の存在がいるために、このような成績であっても自力優勝をつかむことはできない状況に立たされている。
シティはシーズン終盤にぐんぐんコンディションを上げてくるのが常であり、今節もフラムを4-0と大差で破った。あと2試合を残しているものの、シティが都合よく勝点を落とすとは考えにくい。

こうなると、1つの取りこぼしが致命傷となって響いてくる。アストン・ヴィラにはシーズンダブルを喰らっており、これは痛恨だった。また、年末にもホームでウェストハム相手に0-2、フラム相手にアウェイで1-2の敗戦を喫した。これがなければと思っているファンは多いにちがいない。

また、たった1つのミスで勝点を落とした試合もあった。第3節フラム戦ではレッドカードによる数的優位があったにも関わらずコーナーキックから同点弾を許し、第6節のトッテナム戦ではMFジョルジーニョが低い位置でボールを受けた際、相手をかわそうとしたところを読まれてボールを奪われ、失点した。たらればを言えばきりがないが、一瞬の集中力の途切れが明暗を分けてしまうのがプレミアリーグの厳しさで、それを選手も監督もよくわかっていたはず。しかし、やはり取りこぼしは起きてしまうのだ。

ここまで勝っても優勝に届かないプレミアはまさに“魔境”と呼ぶにふさわしく、最終節は一瞬の気の緩みも許されない戦いとなる。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ