“8年で16タイトル”を獲得 マンCを世界屈指の集団に作り上げたペップが就任当初語った衝撃の言葉 「君たちは太った選手ばかりのチームだ」

2016年よりマンCの指揮官に就任したペップ photo/Getty Images

クリシーが回想

元マンチェスター・シティのガエル・クリシーはペップ・グアルディオラがシティに監督としてやってきた際、チームに対して第一声目から厳しいことを語ったと振り返っている。英『Daily Mail』が報じている。

2016年にシティの監督に就任したペップ。1年目こそリーグ戦3位に終わってしまったものの、翌シーズンはリーグ優勝。その後も4度のリーグ優勝を誇り、昨シーズン悲願の優勝を達成したCLやクラブW杯のタイトルを合わせると、8年間で16個ものタイトルを獲得してきた。

ペップ就任後、シティは世界最高のチームの1つとなったが、指揮官交代のタイミングで序列を落とし、2016-17シーズン終了後にシティを退団したクリシーはペップが就任後最初のミーティングで語った言葉について明かした。
「私は1年前からここに来ていることを知っていたし、君たちのことを見てきた。君たちは太った選手ばかりのチームだ。私の場合、全試合に出場する選手はいない。それに対処するんだ。それが不満なら、私の部屋のドアをノックしに来てくれ。出て行ってもらうよ」

新チーム就任後の最初のミーティングにしてはかなり厳しい言葉ではあるが、ペップは体重の管理に厳しい。クリシーは以前、「2キロルール」という、ペップが設定した体重から2キロオーバーすると、練習にも参加させてもらえなかったことを明かしていた。昨年、MFカルヴィン・フィリップスも体重が増えたことを指摘され、さらに遡ると、セルヒオ・アグエロもこのペップのルールに引っかかったことがある。

シティはペップが就任して以降、数々のタイトルをものにし、多くの新記録を樹立してきた。世界最高のサッカーチームを築いた舞台裏にはペップが選手たちに求める厳しい基準があったようだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ