元アルゼンチン代表のテベス、胸の痛みを訴え緊急入院

緊急入院したインデペンディエンテのテベス監督 photo/Getty Images

現在テベスはインデペンディエンテの指揮官

元アルゼンチン代表で、現在インデペンディエンテの指揮官を務めるカルロス・テベス監督が胸痛のため、23日の夜ブエノスアイレスの病院で検査を受けたようだ。クラブ公式のXアカウントが伝えている。

クラブ公式アカウントは同監督の状況を以下のように伝えている。

「カルロス・テベス監督が胸痛を訴えてサン・イシドロのラ・トリニダード病院に入り、検査を実施したが、異常は見られなかった。明日も検査を続けることになる。テベス監督は、検査が完了するまで予防措置として入院する予定だ」
検査の結果、異常は見られず大事に至らなかったが、テベス監督は検査入院するという。

現役時代、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、ボカ・ジュニアーズなどで活躍し、アルゼンチン代表としてもプレイしたテベス。引退後はロサリオ・セントラルで監督としての第一歩を踏み出し、2023年からインデペンディエンテの監督を務めている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ