来季レアルの守護神はクルトワorルニンのどちらが良い? サポーターの間でも分かれる意見「ルニンが1番手であるべき」

今季途中よりレアルのゴールを守るルニン photo/Getty Images

クラブにとって贅沢な悩み

来季のレアル・マドリードはどちらを守護神に据えるべきなのか。今季途中より1番手となったのはアンドリー・ルニンだが、負傷しているティボー・クルトワのことも忘れてはならない。

ルニンの急成長が大きな収穫であることは確かで、先日行われたマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグではPK戦で大活躍。敵地でのPK戦は特別なプレッシャーがあったはずだが、ルニンは大舞台で戦うメンタリティも身につけた。

スペイン『Tribuna』は「レアルには2人の優れたGKがいるため、指揮官アンチェロッティは来季の選択へ頭痛の種を抱えている」と来季の人選に注目しており、今季の活躍ぶりを見ればルニンも捨て難い。
もちろんこれまでの実績ではクルトワが上だ。ベルギー代表での経験も豊富で、レアルでもスーパーセーブを連発してきた。

SNS上ではクルトワ、ルニンをそれぞれ支持する声がサポーターより出ており、サポーターの間でも意見は分かれるか。

「クルトワが戻ればルニンは数試合しか出場できないのではないか」

「クルトワがチームを何度救ってくれたのか」

「ルニンが1番手であるべきだと思う」

「ルニンのパフォーマンスを考えれば、彼は1番手になれるはず。彼が調子を落とし、クルトワが調子を上げない限りは」

果たしてGKの序列はどうなるのか。クルトワの場合は31歳の年齢も気になるところだが、いずれにしても贅沢な悩みだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ