左右両足で決められる“超万能FW” アーセナルにとって大きすぎたトロサールの獲得

アーセナルで活躍するトロサール photo/Getty Images

先発でも途中出場でも活躍できる

先発でも、途中出場でも決定的な働きができる。アーセナルにとって頼れるピースとなっているのがFWレアンドロ・トロサールだ。

トロサールは9日に行われたバイエルンとのチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグでも76分に貴重な同点ゴールを決めており、英『sky Sport』もその貢献度を絶賛する。

アーセナルの選手としてピッチに立った2023年の1月以降、トロサールはプレミアリーグで9ゴール11アシストを記録している。出場時間は2075分となっているため、104分に1ゴールのペースで得点に関与している。
同メディアが似ている存在に挙げたのがリヴァプールFWディオゴ・ジョタだ。ジョタは同期間に1988分間プレイし、16ゴール6アシストの成績で22ゴールに関与している。ジョタの方が得点関与数は上だが、トロサールのペースも負けてはいない。

さらにトロサールは左右両足でフィニッシュできる。トロサールはプレミアリーグで通算34ゴールを奪っているが、左足では13ゴール、右足では19ゴールと左右両足を上手く使っている。ジョタも左右両足を使いこなすアタッカーで、このあたりも似ているか。

ブライトンから獲得したトロサールはアーセナルの重要戦力となっており、ここぞの場面で頼れるキーマンだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ