リヴァプールの新星ブラッドリーが北アイルランドの希望に 20歳の逸材が代表の軸に「正しい方向に進んでいる」

北アイルランド代表で初ゴールを決めたブラッドリー photo/Getty Images

目指すはW杯、EUROの舞台

これまでリヴァプールの右サイドバックはトレント・アレクサンダー・アーノルドが1番手として君臨してきたが、今季はもう一つのオプションが生まれた。

下部組織より上がってきた20歳のDFコナー・ブラッドリーの台頭だ。ブラッドリーが本格的な戦力になったのは今季からだが、早い段階で指揮官ユルゲン・クロップの信頼を獲得。縦への推進力ではアーノルド以上の迫力があり、今季は全コンペティション合わせて1ゴール6アシストを記録している。

そのブラッドリーは、20歳にして北アイルランド代表でも主力だ。2021年のデビューからすでに14試合を戦っていて、今月27日に行われたスコットランド代表との親善試合では代表初ゴールも決めた。
リヴァプールとは異なり、代表でのブラッドリーは1列高い右サイドハーフで起用されることも多い。指揮官マイケル・オニールはブラッドリーの攻撃性を最大限引き出したいのだろう。今後は攻撃の軸となっていくかもしれない。

英『Daily Mail』によると、ブラッドリーも初ゴールに歓喜している。

「間違いなく、これまで決めた中で最高の得点だよ。ボルトン時代に決めた最初のゴールもお気に入りの一つだし、リヴァプールでチェルシー相手に決めた得点も特別だったけどね」

「ユース年代ではいくつかゴールを決めたけど、プロになってからはそれほど多くなかったからね。今回のゴールは大満足だよ。代表でのゴールは長い間夢見てきたことだし、興奮したね。チームも勝てて本当に嬉しかった。EUROに参戦するチームに勝てると分かったことは、チームとしての自信になる。僕たちはまだ若いチームだ。改善できる点はまだたくさんある。正しい方向に進んでいるし、それを続けてネーションズリーグで良い成績を収めたいね」

北アイルランドは2016年にEURO本大会初出場を決めたが、以降は出場できていない。ワールドカップの方も1986年のメキシコ大会が最後で、ブラッドリーの世代でメジャートーナメント出場が1つの目標となる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ