J1首位を走る町田の得点源 パリ五輪世代の2人、藤尾&平河がチームの攻撃陣を牽引する

ここまで2ゴール1アシストをマーク photo/Getty Images

多才な攻撃陣

現在4試合を終えて、明治安田J1リーグの首位を走るのはFC町田ゼルビアだ。昨年J2を制し、初のJ1の舞台に挑む町田は開幕前から注目度は高かったが、4試合を終えた時点で首位に立つことを予想出来た者は少ないだろう。

開幕戦のG大阪戦こそ、退場者を出してしまったこともあり、引き分けに終わったが、その後、名古屋(1-0)、鹿島(1-0)、札幌(2-1)と3連勝を記録。1点差の厳しい戦いを制している。

そんな町田で注目なのが藤尾翔太と平河悠だ。両者は町田の攻撃陣を引っ張っており、ここまで藤尾が2ゴール1アシスト、平河が1ゴールをマークしている。長身でポストプレイのできるFWオ・セフンの周りのセカンドボールを2人が拾い、速攻を仕掛けるのは町田の攻撃パターンの1つであり、1人で攻撃を完結させることができる能力も2人の魅力だ。
現在は怪我をしているが、テクニックとドリブルでサイドを切り裂くことのできるバスケス・バイロンや、攻撃に他の選手とは違うテンポを生み出してくれる藤本、そしてその攻撃陣のタクトを振るう仙頭など攻撃陣のタレントは豊富だ。中盤の潰し屋である柴戸と司令塔の仙頭のコンビはチームの心臓であるが、藤尾と平河の2人は得点源であり、この2人が躍動すると、町田の攻撃陣は一層脅威となる。

U-23日本代表のメンバーにも選ばれている藤尾と平河はパリ五輪を目指す注目の若手選手だ。J1初挑戦となる町田の攻撃陣を牽引する2人のアタッカーの活躍から今シーズンは目が離せない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ