代表活動17年で1度も勝ったことがない…… 《FIFAランク210位》のチーム引っ張るエースは今も初勝利を夢見る

サンマリノ代表で戦うヴィタイオーリ photo/Getty Images

0勝4分81敗でも諦めない

代表デビューを果たした2007年から、85試合も戦って0勝。なかなか出口の見えない戦いだが、夢の1勝へ向けて戦い続けている選手がいる。

サンマリノ代表でキャプテンマークを巻くこともある34歳のFWマッテオ・ヴィタイオーリだ。

国内のラ・フィオリタでプレイするヴィタイオーリは、2007年からサンマリノ代表で戦い続けてきた。しかしサンマリノは現在FIFAランク最下位となる210位に位置していて、国際大会で負け続けている。
ヴィタイオーリは主にセンターフォワードをこなしてきたが、代表通算85試合で得点は1ゴールのみ。85試合の内訳は0勝4分81敗とかなり苦しい。

英『BBC』によると、ヴィタイオーリはこれからも1勝を目指して戦い続けたいと語る。

「最悪の思い出は、11-0で終わった2011年のアウェイでのオランダ戦だ。すでに8点か9点は決まっていたんだけど、サポーターがオランダのさらなるゴールを期待して声援を送っていたのを覚えている」

「サンマリノ代表の一員として勝利を祝うことは究極の夢だ。これまでに感じた最高の感覚となるだろう。それは僕だけではなくて、監督、チームメイト、そしてサポーターにとってもね」

ヴィタイオーリはグラフィックデザイナーとして活動していて、サッカー一本ではない。それでも代表チームに懸ける思いは負けていない。常に目指すは勝利だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ