ラッシュフォードはウインガーに戻すべき? CF起用もパッとしない10番をどこで起用するのか

今季は苦戦しているラッシュフォード photo/Getty Images

気になるマンチェスター・ダービーでの起用法

プレミアリーグ第27節でマンチェスター・シティとのマンチェスター・ダービーを控えているマンチェスター・ユナイテッド。

怪我人が多い中で迎えたこの試合だが、気になるのはFWマーカス・ラッシュフォードのポジションだ。FWラスムス・ホイルンドが負傷離脱して以降、CFで起用されていたラッシュフォードだが、ここ2試合はパッとしない。ホイルンド不在の影響の大きさを実感する試合となっているが、負けられないダービーでもCF起用をするのだろうか。

そんななか、英『Daily Mail』はウインガーとして起用された時と、CFとして起用された時の同選手のデータを紹介している。ラッシュフォードはこれまでウインガーとして170試合に出場し、CFでは115試合に出場している。ウインガーの時は61ゴールをマークし、CF時には42ゴールをマークしている。どちらも90分あたりのゴール数は約0.39となり、ほとんど変わらない。
さらに90分あたりのチャンスクリエイト数もどちらのポジションでも1.2を記録している。90分あたりのシュート数(ウインガー時は2.8、CF時は3.1)、90分あたりのアシスト数(ウインガー時は0.2、CF時は0.18)も大差はない。しかし、90分あたりのボールタッチ数はウインガーの時は51.4、CF起用時は42.6となっており、CF起用時はタッチ数が少し減る傾向にある。

ボールを触ることでリズムを作るラッシュフォードにとって、ボールタッチ数が減ることは自身の本来のパフォーマンスを発揮できない要因の1つとなり、試合中に集中力が切れたシーンもよく見られる。

とはいえ、データを見る限りではCF起用時にもしっかりと結果を残してきた過去があるラッシュフォード。プレイスタイルは異なるが、ホイルンドがいなくても違う形で穴を埋めることが本来であればできるはずだ。今季はピッチ内の振る舞いでも何かと批判を受けているラッシュフォードは、シティとのダービーでチームを勝利に導く活躍を見せることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ