バルセロナ 今夏に現在無所属のデ・ヘアの獲得を検討か

バルセロナへの移籍が噂される現在無所属のGKダビド・デ・ヘア photo/Getty images

デ・ヘアは新天地にスペインを希望

英紙『THE Sun』によると、バルセロナは今夏の移籍市場で、現在無所属のGKダビド・デ・ヘアの獲得を検討しているという。現在資金難に悩むバルセロナは、マンUやスペイン代表で長きに渡り活躍した実力者をフリーで獲得できることに強い興味を持っているようだ。

現在33歳のデ・ヘアは、アトレティコ・マドリードでプロデビューを果たし、2011年夏にマンUに完全移籍。長年にわたってマンUのゴールマウスを守り、公式戦通算545試合に出場した。しかし、契約延長交渉のもつれから、2023年6月30日の契約満了に伴い同クラブを退団し、現在も無所属となっている。

同紙によると、そんなデ・ヘアに対してはイングランドやサウジアラビアのクラブからのオファーが絶えないが、同選手は新天地を選ぶ際にスペインに留まることを第一に考えているという。また、一方のバルセロナも長年正守護神を務めてきたドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがサウジアラビアのクラブから関心を受けているため、同選手のバックアッパーとしてデ・ヘアを獲得する可能性があるようだ。
マンU退団以降、次のクラブが注目されていたデ・ヘアだが、今夏の移籍市場でついに決着の時を迎えるのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ