「恥ずかしい」「腕章を返すべき」 B・フェルナンデスのフラム戦の“ある行動”が大不評

フラム戦はうまくいかなかったB・フェルナンデス photo/Getty Images

倒れ込んでいたはずが……

プレミアリーグ第26節で、フラムに1-2と敗れたマンチェスター・ユナイテッド。先制され前半終了間際にようやく同点弾を手にするが、アディショナルタイムにアレックス・イウォビの追加点を許し、ホームで敗戦となってしまった。

この試合で、アディショナルタイムに見られたキャプテンのMFブルーノ・フェルナンデスの行動が、ファンの怒りを買っていると英『Mirror』が報じている。

フェルナンデスはアディショナルタイムにミドルシュートを狙うが、これはベルント・レノがなんなくセーブする。シュートを打ったとき、サシャ・ルキッチとやや交錯したフェルナンデスは倒れ込んでフリーキックを要求するが、マイケル・オリバー主審は立ちなさいと促すのみ。ファウルが与えられず、まだ味方が攻撃していることに気づいたフェルナンデスは、何事もなかったかのようにボールを要求した。
この振る舞いにユナイテッドファンからは「普段はブルーノの大ファンだけど、これは情けない」「ユナイテッドサポーターとして、なぜこれほど多くの人が彼はキャプテンにふさわしくないと言うのか、よくわかる」「マンチェスター・ユナイテッドは、後悔する前に腕章をハリー・マグワイアに返すべきだ」「恥ずかしい……」などの反応があふれ、一部を『Mirror』は紹介している。

トップ4争いから脱落しかけているユナイテッド。こんなささいな振る舞いも問題視されるほど、ファンはイライラしているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ