アレクシス・サンチェスの“後継者”となれるのか イングランド2部で才能開花したチリの若きFWの現在

シェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍したブレアトン photo/Getty Images

ビジャレアルでは全く結果を残せず……

アレクシス・サンチェス、アルトゥーロ・ビダルら黄金世代からの世代交代が求められているチリ代表。

フレッシュな若手実力者の登場が不可欠な状況下で、2021年より注目を集めてきたのがFWベン・ブレアトンだ。

2018年よりイングランド2部のブラックバーンでプレイしてきたブレアトンは2021-22シーズンに才能が開花。イングランド2部の戦いではあったが、リーグ戦で22ゴールを記録。さらに続く2022-23シーズンにもリーグ戦で14ゴールを挙げており、その活躍からチリ代表にも定着するようになった。
しかし、今季はほろ苦いシーズンだ。イングランド2部でのアピールに成功したブレアトンは今季よりスペイン1部のビジャレアルへ移籍したのだが、ビジャレアルではリーグ戦14試合で1ゴールも奪えず。全コンペティションを合わせると20試合で0ゴールと屈辱的な結果になってしまった。

そこで、今月5日にプレミアリーグのシェフィールド・ユナイテッドへとレンタル移籍することに。

プレミアリーグで最下位に沈むチームではあるが、ブレアトンは21日に行われたウェストハム戦でいきなり得点を記録。これが今季初ゴールで、何とかブレアトンは欧州1部リーグで1歩を踏み出すことに成功した。

チリ代表としては物足りないペースかもしれないが、24歳を迎えたブレアトンはチリのエースへと成長していけるのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ