ユヴェントスのストライカーに新相棒? 頭角を表す18歳の逸材が示す可能性 「ヴラホビッチにとって理想的なパートナーのようだ」

ユヴェントスの新ツートップ photo/Getty Images

セリエA暫定首位

セリエA第21節でレッチェと対戦し3-0の勝利を収めたユヴェントス。2位のインテルが1試合少ない状況ではあるが、勝ち点差1で暫定首位にたった。

2位のインテル(49ゴール)、3位のACミラン(41ゴール)に比べ、ユヴェントスは現在35ゴールとなっており、ゴールの少なさは課題の1つであった。

そんななか、この試合で2ゴールを挙げる活躍を見せたのがセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチだ。ストライカーのヴラホビッチは着実に調子を上げてきており、リーグ戦は3戦連発中だ。リーグ戦直近3試合で5ゴールを挙げており、今季はリーグ戦19試合で11ゴールを決めている。
3戦連発中で波に乗るヴラホビッチだが、英『Daily Mail』が注目したのはその3試合で2トップを組んだFWケナン・ユルディズである。今シーズン序盤にトップチームデビューを飾った18歳は少しずつ頭角を表し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の信頼を獲得。トップチームではここまで13試合に出場し3ゴールをマークしており、ユヴェントスの将来を背負う選手の1人として注目されている。

同メディアは「センターフォワードはようやく適切なポジションを見つけ、ケナン・ユルディズの存在にも助けられている。若いトルコ人フォワードは、レッチェ戦でもゴールへの感覚を取り戻したことを示したヴラホビッチにとって理想的なパートナーでのようだ」と綴っており、このコンビを称賛している。

シーズン開幕当初はヴラホビッチとFWフェデリコ・キエーザが絶対的コンビで、FWアルカディウシュ・ミリクとFWモイーズ・キーンがその後に続くアタッカーであった。しかし現在キエーザは怪我を抱えており、ミリクやキーンよりはユルディズの序列が上がっている。

キエーザが完全復帰したら、ユルディズはポジションを失う可能性もあるかもしれないが、それでも現在は素晴らしいパフォーマンスを見せており、ヴラホビッチとのコンビネーションも抜群だ。

インテルとの激しいスクデット争いをしているユヴェントスで、今シーズン台頭してきた18歳の逸材がどんなプレイを見せるのか注目だ。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ