中盤での定位置確保を狙うシティ屈指の万能プレイヤー 生え抜きの19歳が見据える将来

多くのポジションをこなすことのできるリコ・ルイス photo/Getty Images

着実にステップアップを果たす

マンチェスター・シティに所属するイングランド代表DFリコ・ルイス(19)は中盤でプレイすることが一番好きだと『The National』にて語った。

ルイスはシティのアカデミー出身の選手であり、2022-23シーズンに開幕戦からベンチ入りを果たすと、翌節にはトップチームデビューを飾った。昨シーズンも優勝が決まった後のプレミアリーグなどでは出場していたが、今季はより存在感を見せている。

右SBや中盤など複数ポジションを高いレベルでこなすことのできるルイスの存在は、ペップ・シティにとって重要となっており、スター選手揃いのシティの中でも劣らないパフォーマンスを見せている。
そんなルイスは、指揮官が望む場所であればどこでも喜んでプレイするつもりではあるが、将来的には中盤で地位を確立したいと考えているようだ。

「ここシティでは、フォーメーションやプレイできるポジションがさまざまだから、より多才である方がいいのかもしれない。今のところ、僕はさまざまなポジションでプレイすることで、より多くの出場時間を得ることができる。でも、いつかはポジションを確立させたいし、中盤でプレイするのが一番好きなんだ」

これまでは右SBとしてDFカイル・ウォーカーを休ませる時などに出場することの多かったルイスだが、今季はよりさまざまなポジションでの出場を記録しており、任される役割も多岐にわたる。

しかし、どのポジションでもそつなくこなせるルイスはシティでは、MFベルナルド・シウバに次ぐ万能プレイヤーとなっており、その多才さから昨年11月にはイングランド代表への初招集を果たした。

ペップ・グアルディオラに「今まで指導してきた中で最高の選手の一人」と言わしめたルイスはここからどのように成長していくのか楽しみな選手だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ