復活の兆しを見せる5ゴールを奪ったが残る不安……  気になるのはライス&ガブリエウの負傷状況

ハムストリングに違和感を感じたライス photo/Getty Images

1カ月ぶりの勝利を飾る

プレミアリーグ第21節でクリスタル・パレスと対戦したアーセナル。直近4試合は勝つことができていなかったため、まずはなんとしても勝ち点3が欲しい中で迎えた試合だった。

試合の入りから攻勢を強めるアーセナルは前半のうちにDFガブリエウ・マガリャンイスがセットプレイから2ゴールをマーク。得点力不足が懸念されていたアーセナルだったが、ここから圧巻のゴールショーを披露する。

59分にはGKダビド・ラヤから始まった高速カウンターを最後はFWレアンドロ・トロサールが冷静に流し込み3-0に。その後もパレスのゴールに迫るアーセナルは、途中出場のFWガブリエウ・マルティネッリが後半ATに2ゴールを挙げ、5-0の大勝を飾った。
1カ月ぶりの勝利を収め、強いアーセナルが復活したことを感じさせる試合ではあったが、気になるのはMFデクラン・ライスとガブリエウのケガの状況だ。ライスはこの試合73分に交代し、ガブリエウも81分に交代している。

試合後、指揮官のミケル・アルテタは2人の状況についてこう語っている。

「デクランは何かを感じていた。ハムストリングに違和感があったので、3-0ではリスクを冒したくなかった。ガブリエウは前半に膝にタックルを受け、まだ苦しんでいた」(英『Daily Mail』より)

検査を受けるまでは正確な状況はわからないが、ライス、ガブリエウ共にアーセナルにとっては欠かせない選手であるため、軽傷であることが望ましい。

アーセナルの次の試合は31日のノッティンガム・フォレスト戦となっており、少し間が空くのが不幸中の幸いか。プレミア優勝に向けて素晴らしい試合を見せたアーセナルにとって、仮に2人が離脱を強いられることとなったら大ダメージとなるだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ