《25失点中13失点》が試合終盤に!? 今季のACミランは残り “30分”が耐えられない状況に……

アタランタに敗戦したミラン photo/Getty Images

現在は3位につけるミラン

セリエA第15節でアタランタと対戦したACミラン。ミランはFWアデモラ・ルックマンに先制ゴールを許すも、前半ATにFWオリヴィエ・ジルーのゴールで追いつく。

後半に再びルックマンにゴールを許したミランであったが、FWルカ・ヨヴィッチが同点ゴールを奪う。このまま試合終了かと思われたが、後半ATにDFダヴィデ・カラブリアが2枚目のイエローカードで退場となる。数的不利になったミランはその数分後、FWルイス・ムリエルに決勝ゴールを決められ、2-3で敗戦した。

伊『Gazzetta dello Sport』は今季のミランは残り30分になってからの失点が増えていると指摘している。ミランは今シーズン、リーグ戦で18失点、CLで7失点しており、合計25失点を許している。同メディアによると、そのうちの13得点が残り30分となってからだという。
同メディアが伝えている失点の内訳は、リーグ戦の場合、前半15分までに1点、16分から30分までに1点、31分から前半終了までに3点、46分から60分までに2点、61分から75分までに6点、76分から試合終了のホイッスルが鳴るまでに5点となっている。今シーズンのミランは試合終盤に失点を許すことが多くなっている。

ここ2試合はDFテオ・エルナンデスが本職のSBではなく、CBに入っていたりと今までと少し違うところもあるが、今シーズンはリーグ戦とCLの20試合で25失点を許しており、スクデットの獲得には守備を立て直す必要がある。

14日にはCLのグループステージ最終節のニューカッスル戦が控えており、現在最下位のミランにとっては逆転での決勝トーナメント進出に向けて負けられない試合となる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ