最後の勝利は2015年? プレミアリーグのマンC戦12連敗中のアーセナルは壁を越えられるか

プレミアリーグ、マンC戦は12連敗中のアーセナル photo/Getty Images

勝たなければならない相手

プレミアリーグ第8節の注目カードであるアーセナル対マンチェスター・シティの一戦。まだシーズンも序盤のため、優勝争いに直結する可能性は低いが、シーズン前半戦の行方を左右する一戦と言える。

7試合を終えて、6勝1敗のマンCに挑むアーセナルは、5勝2分でまだ今シーズン負けていない。エースであるFWブカヨ・サカの負傷の状態も気になるが、過去の対戦で8ゴールを決めているマンCのMFケビン・デ・ブライネが負傷離脱中であり、MFロドリが出場停止中とアーセナルにとっては大きなチャンスがある試合だ。

しかし、アーセナルはプレミアリーグでマンCに長い間勝つことができていない。シーズン初めのコミュニティシールドではPK戦の末に勝利したアーセナルであったが、リーグ戦でマンCに最後に勝利したのは2015年の12月まで遡る。
また直近12試合は12連敗中であり、アーセナルはマンCに勝つことができていない。悲願の20年ぶりのリーグ優勝を目指す上で、マンCはアーセナルが越えなければならない壁だ。

マンCは7試合で17ゴール6失点、アーセナルは15ゴール6失点とここまで得点数、失点数に大きな差はない。

昨シーズン、リーグ優勝まで後一歩で逃してしまったアーセナル。今夏は積極的な補強を行い、昨シーズンとチーム層の厚さは大きく異なる。

8年ぶりにマンC相手に勝利を収めることができれば、アーセナルの勢いは更に増すことが考えられる。

20年ぶりの優勝に向けて、アーセナルはマンCを相手に勝ち点3を掴み取ることができるのか注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ