ラムズデール危うし!? ラジャはまもなくその力を見せるか「チャンスを与えることを真剣に検討」

今季アーセナルに加入したラジャ photo/Getty Images

豪華すぎる第2GK

プレミアリーグ第4節でマンチェスター・ユナイテッドを3-1と破り、3勝1分で5位につけるアーセナル。今夏は新戦力を積極的に起用しており、この試合もMFデクラン・ライスが決勝点を挙げた。しかし、未だ出場のない新加入選手もいる。ブレントフォードから買取オプション付きのローン移籍でやってきたGKダビド・ラジャだ。

GKという立場上、すぐに出場することはないと思われており、今季もやはりアーロン・ラムズデールがゴールマウスを守っている。しかし『Daily Mail』は、アルテタが今後数週間で、長期にわたるファーストチームでのチャンスをラジャに与えることを真剣に検討していると伝えた。

アルテタがいつ変更を決断するかはわからないが、ラジャは加入以来、トレーニングで高いパフォーマンスを維持しており、アルテタは深い感銘を受けているのだという。
アーセナルは未だ無敗で推移しているものの、4試合でクリーンシートは1つしかない。ラムズデールが完璧なパフォーマンスを見せているかといえば確かに疑問だ。いきなり正GKを入れ替えるというのは考えづらいが、緊張感のある競争を促すことでチームをレベルアップさせようという意図はあるのだろう。

9月末のカラバオカップ、ブレントフォード戦でデビューすることも考えられるラジャ。同選手はブレントフォードからのレンタルという形だが、リーグカップでは許可を得ればレンタルした選手を起用することができる。足元の技術ではラムズデールと同等以上と思われるラジャだが、どんな違いをチームにもたらすか注目したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ