サンチョがテン・ハーグと対立!? SNSで主張「スケープゴートにされた」

途中出場が続いていたサンチョ photo/Getty Images

アーセナル戦ではベンチアウト

プレミアリーグ第4節で、アーセナルと対戦し1-3と敗れたマンチェスター・ユナイテッド。この試合、FWジェイドン・サンチョはベンチにも入っていなかった。

英『Daily Mail』によればエリック・テン・ハーグ監督は、その理由を「トレーニングのパフォーマンスが原因」と説明している。しかし、サンチョがSNSでそれを否定したことが話題となっている。

「読んだことをすべて信じないで! 僕は、完全な真実でないことを言ってほしくない。今週はとても良いトレーニングができたんだ。この件には他にも理由があると思うが、ここでは触れないよ。僕は長い間スケープゴートにされていた。それはフェアじゃない!」
「僕は笑顔でチームに貢献したいだけだ。コーチングスタッフが下したすべての決定を尊重し、素晴らしい選手たちとプレイしている。そのことに感謝しているけど、それが毎週の挑戦であることは承知しているよ。僕はこの(ユナイテッドの)バッジのために何があっても戦い続ける」

サンチョはXにこのように綴った。トレーニングでは悪くなかったと本人は主張しており、何かしら不満があることは間違いない。

プレシーズンでは偽9番のような動きを披露し、調子の良さも見せていたサンチョ。しかし今節デビューしたラスムス・ホイルンドの存在もあり、出場機会の確保はより厳しくなることが予想される。テン・ハーグと対立しているようにも見えるが、どうなるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ