EURO2020の輝きはどこへ 気になる今季ユーヴェで“0ゴール”のキエーザとアッレグリの相性

ユヴェントスでプレイするキエーザ photo/Getty Images

ユヴェントスでは複数の役割をこなしているが……

優勝したEURO2020にて、アズーリの切り札となったのがユヴェントス所属FWフェデリコ・キエーザだった。

主に左サイドから仕掛けるキエーザのドリブルと得点感覚は対戦相手の脅威となり、大会途中からイタリア代表の主力となった。アズーリの今後を背負っていくプレイヤーになると期待したサポーターも多いだろう。

ただ、ユヴェントスで思うように数字が上がってこない。昨年1月より大怪我による離脱が続いていたことも理由の1つだが、一部では指揮官マッシミリアーノ・アッレグリとの相性を疑問視する見方もある。
アッレグリは4バック、3バックを使い分けており、キエーザもウイングからウイングバック、最前線でのプレイまで幅広い役割をこなしている。その影響もあるのか、EURO2020で見せていたほどの存在感を発揮できていない印象だ。

今季も復帰してからリーグ戦15試合に出場しているが、ここまで無得点だ。年齢も25歳と中堅世代を迎えており、そろそろクラブの方でもエース級の存在になっていきたい時期でもある。フィオレンティーナでプレイしていた2019-20シーズンにはセリエAで10ゴール記録しており、アッレグリとの相性を考えても良い頃合いかもしれない。

今季のユヴェントスでは、まだリーグ戦で二桁得点を記録している選手がいない。最多得点者はMFアドリエン・ラビオとFWドゥシャン・ヴラホビッチの2人(8ゴール)。本来はヴラホビッチも20ゴール以上狙ってほしいストライカーで、アッレグリが攻撃陣全体を活かし切れていないとの見方もできる。

アッレグリはセリエAを複数回制してきた実力者ではあるが、今季は攻撃陣の機能性がやや物足りないか。無得点のキエーザもその1人で、チームの軸となるゴールゲッターが見当たらないまま終盤戦を迎えている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ