「10人でプレイしていたようなものだ」 元英DFが7失点と大敗したマンUのウインガーを批判

リヴァプールに敗れた photo/Getty Images

リヴァプールに敗れた

マンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグ第26節でリヴァプールと対戦し、0-7とまさかの完敗を喫した。好調を維持してきた今季のユナイテッドにおいて、不調のリヴァプールにまさかの大敗となってしまう。

試合は前半終了間際に1失点を喫すると、後半の頭にも決められてしまい、そこから崩れてしまった。攻撃でも手詰まり感が強く決定機を迎えたシーンは前半に何度かあったくらいだ。

そんな試合において元イングランド代表DFのマイカー・リチャーズ氏は英『SkySports』にて今季ユナイテッドで躍動していたウインガーを批判。アントニーに対して「自分の仕事をしていなかった」と評した。
リヴァプールの左サイドに脅威を与えることができず、アンドリュー・ロバートソンに押し込まれてしまった状況下においても「ディオゴ・ダロトとアントニーの間でコミュニケーションが取れていなかった。アントニーは守備の面で仕事をしていなかったので、(ユナイテッドは)10人でプレイしていたようなものだ」とコメントしている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ