Warning: file_get_contents(https://www.theworldmagazine.jp/ranking.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/theworldmag/theworldmagazine.jp/public_html/wp-content/themes/theworld2015/header.php on line 8
“5大リーグすべて”で得点を決めた男 今季もブンデスでネットを揺らすアタッカーの経歴|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

“5大リーグすべて”で得点を決めた男 今季もブンデスでネットを揺らすアタッカーの経歴

様々な地で結果を出してきたヨヴェティッチ(写真はモナコ時代) photo/Getty Images

カンセロのバイエルン行きで再び注目が

今冬にマンチェスター・シティからバイエルンへレンタル移籍することになったDFジョアン・カンセロ。さっそくバイエルンでも自慢の攻撃力を存分に披露しているが、注目されているのはそのキャリアだ。

カンセロは母国ポルトガルのベンフィカでデビューし、その後スペインのバレンシア、イタリアのインテル&ユヴェントス、イングランドのマンC、そしてドイツのバイエルンと、28歳にしてかなり多くのリーグを渡り歩いている。いずれも国を代表するビッグクラブであり、カンセロが若い頃より評価されてきたのが分かる経歴と言える。

情報サイト『Transfermarkt』もカンセロのキャリアに触れており、5大リーグのうちイングランド、ドイツ、イタリア、スペインの4リーグでプレイしたのはカンセロで21人目だという。
ただ、現役選手の中にはもっと激しく動いてきた者がいる。同サイトがカンセロのバイエルン行きに合わせて紹介したのが、現在ドイツのヘルタ・ベルリンでプレイする33歳のFWステファン・ヨヴェティッチだ。

ヨヴェティッチもマンCに在籍していた経験を持っているが、ヨヴェティッチはこれまでイタリアのフィオレンティーナ、イングランドのマンC、イタリアのインテル、スペインのセビージャ、フランスのモナコ、そして2021年夏よりプレイするヘルタと、5大リーグをコンプリート。しかも全リーグで得点を記録しているのだ。

5大リーグすべてで得点を決めているのは、ミランなどで活躍した元ルーマニア代表FWフロリン・ラドチョウ氏とヨヴェティッチの2人だけだという。ヨヴェティッチは今季もブンデスリーガでネットを揺らしており、各リーグの環境や文化に適応していくことは簡単ではない。ヨヴェティッチの記録も見事だ。

カンセロもバイエルンでさっそくアシストを記録しており、各リーグで結果を残している。バレンシア時代を除けば、ポルトガルのスーペル・リーガ、イタリア・セリエA、イングランド・プレミアリーグのタイトルを獲得しているのも特長的で、バイエルンで4つ目のリーグタイトルを手にすることになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ