ついに決めた大エースのW杯初ゴール レヴァンドフスキの得点量産はここから始まる?

大会初ゴールのレヴァンドフスキ photo/Getty Images

第3節ではアルゼンチンと対戦

ついにポーランドのエースが大舞台でゴールネットを揺らした。FIFAワールドカップ・カタール大会のグループC第2節でサウジアラビアと対戦したポーランド。初戦はゴールを奪えずにスコアレスドローで終わっており、彼へのゴール熱は、より高まっていた。

そして歓喜の瞬間は終了間際にやってきた。ピオトル・ジエリンスキのゴールで1点をリードしたポーランドは82分、相手のビルドアップのミスを見逃さなかったロベルト・レヴァンドフスキがゴールを決めて追加点。サウジアラビアを2-0で下している。

代表では何度もゴールネットを揺らしてきたレヴァンドフスキだが、W杯でのゴールはゼロ。前回大会では日本とも対戦して1-0で勝利したが、レヴァンドフスキがゴールを決めることはできなかった。
それでもここにきて決め切った初ゴールには大きな意味があるだろう。チームはグループステージ突破をかけて最終戦でアルゼンチンと対戦。ようやく1点目を取れたレヴァンドフスキがここからゴールラッシュへと続くかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ