Jリーグからプレミアへステップアップ? 監督解任ウルブズの新指揮官候補にポステコグルーの名前が浮上 

プレミアリーグ行きが噂されるアンジェ・ポステコグルー photo/Getty images

スコットランドでの活躍が認められている

22-23シーズンのプレミアリーグではすでに3人の監督が解任されている。ボーンマスのスコット・パーカー、チェルシーのトーマス・トゥヘル、そしてウルブズのブルーノ・ラージだ。

ベンフィカからこのウルブズにやってきており、トッテナムに引き抜かれたヌーノ・エスピリト・サントの後任を務めた。昨季はプレミア初年度ながら10位と悪くない成績を残したが、今季は8試合で1勝3分4敗と勝ち点を積み上げられず、特に悲惨なのはゴールでここまで3点しか挙げられていない。厳しかったのはシュツットガルトから獲得した2mFWサーシャ・カライジッチの負傷であり、彼が万全であれば解任とはならなかったはずだ。

そんなラージの後任人事については様々な報道が飛び交っており、スコットランドメディア『THE SCOTSMAN』によると、元横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルーもウルブズの新監督候補の一人だという。グレアム・ポッターを引き抜かれたブライトンでもポステコグルーの名前が挙がっており、解任が近いとされるレスターのブレンダン・ロジャーズの後釜候補にもポステコグルーの名前はある。
しかしウルブズはこの時期にポステコグルーを引き抜けるとは考えておらず、アプローチすることになってもシーズン終了後のようなタイミングになるだろう。

ポステコグルーはセルティックで攻撃的なサッカーを展開しており、8試合で27ゴール4失点とスタッツは完璧だ。CLレアル・マドリード戦ではハイプレスから前半0-0で抑えるなど、対強豪への心得もある。

ポステコグルーがプレミア挑戦となれば期待してしまうのは現教え子の去就だ。マット・オライリーはすでにプレミア行きが噂されており、際立つ旗手怜央、前田大然、古橋亨梧らを連れて行くことも考えられる。

スコットランドからは過去にロジャーズやスティーブン・ジェラードが監督としてステップアップしている。ロジャーズはレスターで素晴らしい成績を収めた時期もあり、ポステコグルーも彼らに続くことになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ