リヴァプールの逸材だった男はPSVで成長中 ウルブズからレンタル中の若きDFはオランダで経験積む

PSVで活躍するフーフェル photo/Getty Images

ここまでリーグ戦4試合出場のフーフェル

今季ウォルバーハンプトンからオランダへと武者修行中のDFがキ・ヤナ・フーフェルだ。現在20歳のオランダ人DFはエールディヴィジで経験を積んでいるのだ。

リヴァプールのアカデミーで育ったフーフェルは、2019年にトップチームへ昇格。FAカップで16歳の若さでデビューするなど、大きな期待を寄せられているDFだ。2019-20シーズンにはカラバオカップでゴールを記録するなど、10代ながらリヴァプールでアピールを続けていた。

しかし絶対的なレギュラー組に加えて若いセンターバックも多く在籍するリヴァプールではチャンスは限られ、翌シーズンからはウルブズへの完全移籍が決定。ウルブズからリヴァプールへと加入したディオゴ・ジョタと入れ替わる形でウォルバーハンプトンへ移籍する。

ウルブズでは初年度にプレミアリーグで12試合に出場するも、レギュラー確保とは至らず。昨季も8試合にとどまり、今季からは出場機会を求めてPSVへと期限付き移籍を決める。ルート・ファン・ニステルローイ監督のもとで攻撃的なスタイルを披露し、リーグ首位に立っているPSV。その中で右サイドバックとしてここまで4試合に出場。俊敏性やスプリント力を生かしてサイドバックとセンターバックを兼任できるオランダの逸材は母国で着実に経験を積んでおり、将来のオランダ代表として注目が集まる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ