「フォファナとマディソンは売り物ではない」 レスターは主力2人を引き留めることができるのか

フォファナとマディソンについて語ったロジャーズ監督 photo/Getty Images

レスターの主力たちに多くの関心が寄せられている

チェルシーからDFウェズレイ・フォファナを、ニューカッスル・ユナイテッドからMFジェイムズ・マディソンを狙われているレスター・シティ。今夏の彼らは財政難に陥っているとも噂されているが、チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は、彼らを売却する気がないようだ。

チェルシーはDFカリドゥ・クリバリやDFマルク・ククレジャを今夏に獲得したものの、DFアントニオ・リュディガーやDFアンドレアス・クリステンセンが契約満了で退団。CBのさらなる補強を目論んでいる。

ニューカッスル・ユナイテッドは、昨季途中にオーナーが交代した後、冬の移籍市場で大型補強を行い、快進撃を見せた。今夏もDFスヴェン・ボトマンやGKニック・ポープといった大物を獲得しているが、アタッカーの獲得には至っておらず、プレミアリーグ屈指の攻撃的MFとなったマディソンを粘り強く狙っている。

レスターは先日、長年チームの守護神を務めてきたGKカスパー・シュマイケルをニースへと放出。MFユーリ・ティーレマンスやFWジェイミー・バーディといった選手にも他クラブからの関心が噂されており、今夏のレスターは主力たちの流出危機が迫っている。

英『Daily Mail』によれば、ロジャーズ監督はフォファナとマディソンをレスターに引き留めるつもりであり、このようなコメントを残したようだ。

「2人とはじっくりと話をした。彼らは光栄に感じていたよ。彼に関心があるのは当然のことだし、ジェイムズはプレミアリーグのトップ選手の一人に成長している」

「彼らは助けを必要としている。周りの雑音を考えると、彼らの耳にはたくさんの声が届いている。彼らがサッカーに集中し、練習場の雰囲気を楽しめるようにすることが重要なんだ」

「彼らはどこにも行かないだろう。フォファナとマディソンは売り物ではない。彼らは我々にとって非常に重要な選手たちだ」

「我々は状況的に何人かの選手を放出する必要があるが、これが我々にとっての最高の財産を追い出すという意味にはならない」

財政がどれほど圧迫しているのかは不明だが、レスターがプレミアで上位に食い込むためには、若き主力CBであるフォファナや、昨季リーグ戦12ゴール8アシストのマディソンの力が必要であることは間違いない。レスターは監督の望み通りに、彼らを引き留めることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ