リーグ・アンで躍動した“中盤の支配者”にアーセナルが興味 シティアカデミーを経験したセコ・フォファナとは何者か

各クラブから関心を寄せられているセコ・フォファナ photo/Getty images

中盤ながら昨季は8ゴールを記録している

レスター・シティのユーリ・ティーレマンスを以前から中盤のメインターゲットとして狙っていたアーセナルだが、交渉に進展がない。

英『football.london』によるとアーセナルはベルギー代表MFのフィジカル面での強度を不安視しており、まだ正式なオファーを出せていないという。移籍市場の閉幕まで1ヵ月ほどあり、獲得に動く可能性はあるが、現時点で獲得の可能性は低いようだ。

そこで新たな候補としてリーグ・アンのランスに所属するMFセコ・フォファナがリストアップされたと同紙が報じている。

フランスのパリやロリアン、イングランドのマンチェスター・シティでユース時代を経験し、フラムでデビューを果たしたフォファナ。その後、いくつかのクラブを渡り歩き、現所属のランスにたどり着いた。ランスでは継続してプレイタイムを得ており、21-22シーズンはリーグ戦全38試合に出場して8ゴール1アシストと得点力を見せている。アーセナルが近年獲得する選手は20代前半の若手であることは多いが、フォファナは27歳と中堅である。アーセナル以外ではパリ・サンジェルマンとニューカッスル、ユヴェントスが興味を示しているようだ。

フォファナの武器は縦への推進力だろう。身長は183cmとそれほど大きくないが、プレイはダイナミックであり、強靭なフィジカルを生かしてボールを運ぶ。足元の技術が高く、失わずボールを前進させることができる。ただ守備を強みとしている選手ではなく、トーマス・パーティの代役を務められるプレイヤーではない。

中盤の選手層を厚くするのであれば、打ってつけの人材であるフォファナ。3000万ユーロから4000万ユーロの移籍金が必要とされており、決して安くはないが、怪我が少なくシーズンを通して中盤の戦力として活躍してくれるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ