レアルFWマジョラルのヘタフェ行きが成立間近 ベンゼマのバックアッパーはやはりアザールに?

レアルでプレシーズンに臨んでいるマジョラル photo/Getty Images

レアル下部組織出身の25歳

ヘタフェへのローン移籍を終え、クラブ・アメリカとのプレシーズンマッチまでは、ベンチ入りも果たしたレアル・マドリードのFWボルハ・マジョラル。ヘタフェはラ・リーガ残留に貢献したマジョラルを再度チームに迎え入れたいと考えており、すでに話はまとまっているようだ。

今夏はすでにFWルカ・ヨビッチをフィオレンティーナへと放出したレアル。現状CFとして計算できるのは、チームのエースFWカリム・ベンゼマ以外に、マジョラルとFWマリアーノ・ディアスくらいとなっている。

しかし、アンチェロッティ監督はプレシーズンマッチのバルセロナ戦で、FWエデン・アザールを偽9番として先発起用。後半頭からは下がったアザールの代わりにFWロドリゴ・ゴエスをCFへ配置変更し、70分にはディアスがロドリゴに代わり投入された。

続くクラブ・アメリカ戦では、チームに合流したマジョラルもベンチ入りを果たしたものの、ベンゼマが先発出場し、後半からは再度アザールが偽9番起用。ここまでのカルロ・アンチェロッティ監督は、アザールをCFで多く試している。

スペイン『MARCA』によれば、マジョラルの去就に関しては、レアル・マドリード、ヘタフェ、マジョラル本人の3者間ですでに話がまとまった模様。1000万ユーロ(14億円)の移籍金で、2027年までの契約をヘタフェと結ぶことになりそうだ。

ここ2シーズンのマジョラルは、ローン先のローマとヘタフェでリーグ戦54試合16ゴールとそれなりに好成績を残していたこともあり、CFが手薄なレアルでどこまでやれるのか気になるところではあった。しかしレアルに残留すれば、どんなに頑張ってもベンゼマのバックアッパーの域を抜け出すことはほぼ不可能で、ヘタフェに移籍すればスタメンを争いながらリーガを戦うことができる。

マジョラルはレアルユース出身ということもあり、もう少しトップチームで爪痕を残したい、チャレンジしたいという想いも抱えているはずだが、ヘタフェ行きが成立した場合は、レアルを後悔させるほどの活躍を見せてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ