52分で2ゴールを生んだジェズス&エンケティア アーセナルのストライカーコンビは同時に出場すべきか

好相性なジェズスとエンケティア photo/Getty Images

ここまでは同時起用が当たっている

アーセナルのレジェンドFWティエリ・アンリ氏が着用していた“背番号14”を今季から受け継ぐことになったFWエディ・エンケティア。マンチェスター・シティから加入したFWガブリエウ・ジェズスと1トップの位置を争うことが予想されるが、プレシーズンの起用法を見る限り、共存の道も大いにありそうだ。

今月9日に行われた親善試合のニュルンベルク戦では、ジェズスが投入された後半開始から、エンケティアが退く68分まで、この2人は共演。[3-5-2]の2トップとみられる位置に両者は入った。

そして、後半開始からわずか2分後。ジェズスはエンケティアとのワンツーから、見事なアーセナルデビュー弾を決めている。

続くエヴァートン戦では出場のタイミングが重ならなかったものの、直近のオーランド・シティ戦では、再び同時出場を果たす。

このオーランド戦では、ニュルンベルク戦と同様にCFとして先発出場を果たしたエンケティア。後半からジェズスが投入され、共演を果たすというところまで同じだったものの、今回のフォーメーションは[4-3-3]であり、CFにジェズス、左WGにエンケティアという並びになった。

そしてこの試合でも2人はゴールを生み出した。66分、MFマルティン・ウーデゴーの縦パスからジェズスが前を向き、相手DFにつつかれたこぼれ球をエンケティアがゴールに押し込んでいる。

ニュルンベルク戦からのプレシーズンマッチ3試合で、ジェズスとエンケティアが同時出場した時間は計52分とまだ少ない。それでもこの2人の連携からは2ゴールが生まれている。

両者の相性の良さを踏まえると、エンケティアはジェズスとポジションを争うのではなく、同時に出場してお互いの良さを引き出し合うべきだろう。チームにとってもその方が効果的かもしれない。

[4-3-3]や[4-2-3-1]でこの2人が共演する際は、CFにエンケティア、ウイングにジェズスという配置も考えられるが、ここまでのミケル・アルテタ監督はジェズスをセンターに置くことにこだわっている。そうなるとエンケティアは、今回のような左WGとしてのプレイもさらに磨くべきだろう。昨季左WGで多く起用されたFWガブリエウ・マルティネッリやFWエミール・スミス・ロウもうかうかしていられないはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ