今夏ジェラード監督率いるヴィラからの関心も? リヴァプールと長期契約したゴメスの選択

2027年まで契約を延長したゴメス photo/Getty Images

昨季は8試合の出場にとどまった

昨季のリヴァプールはフィルジル・ファン・ダイクやジョエル・マティプの2選手に加え、新戦力のイブラヒマ・コナテが台頭。盤石な守備陣を形成し、国内カップ2冠とプレミアリーグやUEFAチャンピオンズリーグのタイトルにも迫った。

そんな中で出場機会を減らしたDFがジョー・ゴメスだ。2019-20シーズンはファン・ダイクの相棒としてプレミアリーグ28試合に出場。しかし翌年に負傷でわずか7試合の出場にとどまると、昨季もプレミアでは8試合となり、右サイドバックでの出場も多かった。

それでもゴメスは7日、リヴァプールとの契約を延長したことを発表。2027年6月60日までの長期契約を結んでおり、今後もチームで成長することを決断している。新シーズンでは主力を奪うために高いパフォーマンスを発揮し続ける必要があるだろう。
そのゴメスについては、英『Mirror』によるとスティーブン・ジェラード監督率いるアストンヴィラが獲得に向けて関心を示していた様子。クラブのレジェンドが25歳DFの獲得を望んでいたが、ゴメス自身はリヴァプールへの契約延長以外の選択肢はなかったことを同紙にて明らかにしている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ