レアルのCL制覇に複雑な心境はあるか 36歳迎えたS・ラモス、PSGで完全復活は

昨夏PSGへ移籍したラモス photo/Getty Images

クラブとの契約は来夏まで残っているが……

昨夏のパリ・サンジェルマンはとにかく派手に動いた。FWリオネル・メッシを筆頭に次々とスター選手を迎え入れたのだが、昨季に限れば大成功とはならなかった。

レアル・マドリードからフリーで獲得したDFセルヒオ・ラモスもそうだ。百戦錬磨の守備職人として期待は大きかったが、怪我続きで13試合しか出場できず。全コンペティション合わせても843分間しかプレイしないままシーズンを終えてしまった。

パリではどうしてもメッシ、ネイマール、ムバッペの攻撃トリオに注目が集まるが、悲願のチャンピオンズリーグ制覇へ重要なのは守備だ。ベテランのチアゴ・シウバが退団した今、36歳のラモスには新たなディフェンスリーダーとして最終ラインを統率することが求められていた。

クラブとの契約は2023年までとなっており、ラモスは勝負の2年目を迎える。昨季は自身が退団したレアルがリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグのダブルを達成しており、嬉しい反面どこか複雑な感情もあったはず。パリでこのまま終わるわけにもいかないだろう。

レアル側は昨夏にラモスとラファエル・ヴァランを一気に手放し、フリーで獲得したダビド・アラバと若いエデル・ミリトンのコンビが大成功を収めることになった。ラモスがこのまま終わるなら、レアルの補強戦略が大正解だったことになる。

ラモスにはもう一度トップパフォーマンスを期待したいところだが、再びワールドクラスの輝きを放てるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ