ハフィーニャとデンベレを同時起用できる可能性が浮上? 昨季“23回のビッグチャンスを創出した両翼”

バルセロナと再契約することになりそうなウスマン・デンベレ photo/Getty images

魅力的なサイド攻撃が見られるだろう

今夏の移籍市場ではフリー以外での選手獲得が進んでいないバルセロナだが、どうやらリーズ・ユナイテッドのハフィーニャ獲得で合意となったようだ。『GOAL』が報じており、6000万ポンド(日本円にして約98億円)の移籍金を分割で今後は支払うことになる。チェルシーも同額のオファーを提示していたようだが、ハフィーニャの強い希望でバルセロナが獲得することになりそうだ。

ビッグクラブでのプレイ経験こそないが、ハフィーニャは実力のあるアタッカーだ。昨季はけが人が続出したリーズで孤軍奮闘の活躍を見せ、11ゴール3アシストを記録。最終節ブレントフォード戦でもゴールを決めてプレミア残留の立役者となった。

ハフィーニャは右サイドを本職とする左利きのアタッカーで、バルセロナでも同様に右サイドに入るだろう。ドリブル突破、クロスでのチャンスメイクとプレイの幅が広く、守備でも献身性を見せる。
西『MUNDO DEPORTIVO』によるとバルセロナはウスマン・デンベレとの再契約に成功したようだ。同選手との契約は2022年の6月末で一度解消されていたが、2024年までの2年契約で合意に至ったと報じられている。

バルセロナは来季ハフィーニャとデンベレを同時起用することができる。両選手とも昨季は右サイドを主戦場としていたが、どちらも両サイドでプレイ可能な多様性を持っており、カスタマイズ性能が高い。アンス・ファティを継続して左サイドで起用できることになれば右サイドはスタートでハフィーニャ、終盤にデンベレ投入というプランも考えることができ、一気に前線の選手層が厚くなる。

データサイト『SofaScore』によれば昨季ハフィーニャが10回、デンベレが13回のビッグチャンスクリエイトを記録しており、両チームでトップの好成績だった。そんな選手が来季はバルセロナでチームメイトとしてプレイする可能性が高く、魅力的な攻撃が展開されることになるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ