バルサ残留よりも恩師との再会を選ぶ? 去就注目のデンベレがプレミアへ挑戦か

デンベレは来季どこでプレイするか photo/Getty Images

チェルシーと合意に至ると報道

今季もマンチェスター・シティとリヴァプールが、熾烈な優勝争いを演じたプレミアリーグ。来季、この2クラブを止める第3勢力の出現はあるのだろうか。

そんな期待を寄せられるクラブが一時プレミアリーグで首位に立ったチェルシーだ。来季に向けてさらなる補強を考えており、西『Mundo Deportivo』ではウスマン・デンベレを獲得するのではないかと伝えられている。同紙によるとチェルシーは彼の獲得に乗り出し、すでにデンベレと合意寸前にまで至っているようだ。英『talkSPORT』でもデンベレがバルサとのオファーを拒否してチェルシー獲得に迫ると報じている。

昨季シャビ・エルナンデス監督就任後の後半戦で大活躍を見せたデンベレ。リーガ・エスパニョーラ21試合で1得点13アシストを記録しており、チームのUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。前半戦では放出予定だったバルサもデンベレの活躍によって再び契約延長の準備をするなど、関係値は良好に進んでいくかと思われた。

しかし、昨季自身の価値を取り戻したデンベレがプレミアリーグへと挑戦をするかもしれない。移籍金なしで獲得が可能であるため、パリ・サンジェルマンやリヴァプールも関心を示していたデンベレだが、獲得レースはチェルシーが一歩リードした模様。ドルトムント時代の恩師であるトーマス・トゥヘル監督の下で、再びプレイすることとなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ