昨年10月からゴールがない イタリアで話題呼んだ“201cm”の巨人FWにかかった急ブレーキ

世代別イタリア代表にも選ばれてきたルッカ photo/Getty Images

序盤はゴールラッシュだったが……

今季開幕当初に大きな話題を呼び、ワールドカップ欧州予選プレイオフにてイタリア代表メンバーにも選出されるのではとの期待まであった若き大型ストライカーを覚えているだろうか。

セリエBのACピサに所属するイタリア人FWロレンツォ・ルッカ(21)だ。

イタリア世代別代表には選ばれてきたルッカは、何と言っても201cmのサイズが魅力だ。サッスオーロで活躍するジャンルカ・スカマッカとともに新時代のイタリア巨人ストライカーとして期待されており、今季開幕直後はセリエB開幕7試合で6ゴールと驚異の固め打ち。イタリアA代表入りの期待が高まったのはこの頃だ。

しかし、ルッカの勢いはここでピタリと止まってしまった。何と10月2日のレッジーナ戦で決めた6ゴール目が今季リーグ戦のラストゴールとなってしまい、結局は30試合の出場で6ゴール4アシストという平凡な数字に留まっている。イタリア代表として欧州予選プレイオフに招集されることもなく、話題になる機会も一気に減ってしまった印象だ。

チームは3位に入り、昇格プレイオフ準決勝となるベネヴェント戦には辛くも勝利。決勝進出を決めており、まだ昇格のチャンスがある。

ルッカ個人は昨季セリエCのパレルモで14ゴールを挙げ、その活躍から今季よりセリエBのピサに移籍。ピサが今季昇格するとなれば、ルッカ個人はセリエCから2シーズンでセリエAの舞台へたどり着くことになる。

問題は今のルッカがセリエAで通用するかどうかだが、201cmのサイズは魅力だ。イタリア代表としてもルッカには一線級のFWに成長してもらいたいところで、来季はさらなる数字アップが求められる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ