バイエルンがデンベレに関心? バルサで復活した男のドイツ復帰はあるか

バルサで輝きを増すデンベレ photo/Getty Images

リーガで13アシストを記録するデンベレ

今季限りでバイエルン退団が噂されているセルジュ・ニャブリとロベルト・レヴァンドフスキ。攻撃陣の後釜としてリヴァプールのサディオ・マネの名前が挙がっているが、他にもリーガで輝きを放ちながらフリーでの獲得が可能な男が候補となっている。

それがバルセロナのウスマン・デンベレだ。前半戦は怪我で離脱を繰り返して出場できず、今季限りの契約は更新されない方向で考えられていた。しかしシャビ・エルナンデス監督が起用を続けると、高いパフォーマンスを発揮する。

リーガ・エスパニョーラでは20試合で1得点ながら13アシストを記録しており、スピードとドリブルをいかしたチャンスメイクで大きな武器となる。ピエール・エメリク・オバメヤンやフェラン・トーレスといった新加入選手たちと連携面で相性の良さを見せて結果につなげている。

そんなデンベレに対し、バルセロナは来季も戦力として計算。契約延長の意向を示しており、新たな契約を結ぶ可能性が高まっていた。そんななか、スペイン紙『MARCA』がバイエルンが関心を示していることを報道。ドイツでのプレイ経験もあり、ドルトムント時代に輝きを放っていたデンベレの獲得を目指しているという。

バルサでシャビ・エルナンデス監督の下、自身のポテンシャルを大きく発揮したデンベレ。バルサもデンベレとの契約が延長しそうな状況下でまさかの横やりとなったが、快速アタッカーの選択はどうなるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ