サンダーランドよ甦れ “3部”からの昇格プレイオフに4万4742人詰め掛けたホーム大歓声が熱すぎた[映像アリ]

ゴールを決めたロス・スチュアート photo/Getty Images

再びプレミアリーグで戦う日を

かつては現リヴァプールMFジョーダン・ヘンダーソン、DFウェズ・ブラウン、ジョン・オシェイ、イングランド国内でもかなり期待されていたMFジャック・ロドウェル、FWダレン・ベントら実力者がプレイするなど、サンダーランドはプレミアリーグを舞台に戦ってきたクラブだった。

しかしサンダーランドは2016-17シーズンにプレミアリーグで最下位に終わってしまい、2006-07シーズン以来となる2部降格が決定。さらに悪夢は続き、続く2017-18シーズンには2部でもまさかの24位に沈んでしまい、一気に3部まで降格してしまったのだ。

2018-19シーズンは3部で5位、2019-20シーズンは8位、2020-21シーズンは4位と、3部からも這い上がれないシーズンが続いており、プレミアリーグ常連だった頃の姿はもうない。

ただ、サポーターは熱を失っていない。今季サンダーランドはリーグ戦で5位に入り、6日から昇格を懸けたプレイオフに臨んでいる。

イングランド3部はリーグ戦1位、2位の2クラブが自動で昇格し、3位から6位のクラブは最後の1枠を懸けてプレイオフに参戦するレギュレーションとなっている。今季はサンダーランド、6位のウィコム・ワンダラーズ、4位シェフィールド・ウェンズデイ、3位MKドンズの4クラブが昇格プレイオフに進出。

このプレイオフは準決勝がホーム&アウェイ方式で行われ、サンダーランドは6日にプレイオフ準決勝1stレグでシェフィールド・ウェンズデイと対戦。驚かされるのは、その熱量だ。

地元メディア『Sunderland Echo』によると、サンダーランドのホームスタジアムであるスタジアム・オブ・ライトには4万4742人も集結。そのうちシェフィールド・ウェンズデイのサポーターは2000人ほどとされているため、4万を超えるサンダーランドのサポーターが集まったことになる。これは3部の昇格プレイオフでは歴代最多の観衆だという。

収容人数が4万9000人のスタジアム・オブ・ライトを埋めたホームサポーターは、プレミアリーグの優勝決定戦ではないかと思うほど大盛り上がり。試合は前半アディショナルタイムにロス・スチュアートが泥臭いゴールを決めてサンダーランドが1-0の勝利を収めており、このゴールが決まった際には割れんばかりの歓声がスタジアムを包み込んだ。

サポーターは今もプレミアリーグの舞台へ昇格することを夢見ているはずだ。まだまだ道のりは険しいが、まずはこの昇格プレイオフを制して2部へ上がりたい。この盛り上がりこそイングランドのフットボールが特別な理由であり、またいつの日かプレミアリーグの舞台で戦うサンダーランドを見てみたいものだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ